お尻の黒ずみ レーザー治療

皮膚科のレーザー治療でお尻の黒ずみが消えるの?実際のところは?

お尻の黒ずみは、レーザーを照射でメラニン色素を破壊すれば、とれます。
あるいは、ピーリングレーザーで、ケミカルピーリングのように角質を除去する手段も。作用はマイルド出す。が、光アレルギーの場合は使用できません。メリットは、すぐにキレイになれる点。ただ、デメリットは、痛みがあり、保険の適用外で治療費が高いという点です。痛みや高額さが、ややマシなのが、ケミカルピーリングと、塗り薬になります。ケミカルピーリングは、弱い酸を塗って古い角質を取り除きます。角質が原因の黒ずみや、くすみにいいです。ザラザラもとれてキメが整います。塗り薬は、漂白作用&メラニンの生成抑制のハイドロキノンです。新陳代謝=ターンオーバーを促して、黒ずみを取るトレチノイン(ビタミンA誘導体)もあります。内服薬には、ビタミンC、ビタミンE、トラネキサム酸などがありますが、効果は遅いです。

 

お尻の黒ずみを皮膚科で治療をしてみたい、でも家事や育児で忙しくてなかなか
できないという方も多いのでは?私の場合には自宅でピーチローズを使用しています
実際の効果は皮膚科の治療と変わらず、お尻の黒ずみを1ヶ月ほどで消すことができますよ。